植物

二葉山を守る会 > 植物

植物

 二葉山は緑豊かな照葉樹林帯で、尾根筋や南北斜面にはアカマツが散在しており、ここは以前はアカマツの多い山でした。

 現在では市街地に隣接したところに針葉樹林帯がよい状態で残されており、南斜面側の「シリブカガシの群生林」は、絶滅危惧群集に指定されています。

leaf001.jpgのサムネイル画像 

 二葉山の名前は、天保年間に付けられたようで、当時数多くあったアカマツの葉っぱが二葉になっていることに由来していると言われています。


二葉山の針葉樹林

 広島県にはアカマツの二次林が多く、自然度が低いことを示していますが、二葉山とその周辺のアカマツ林は次第に姿を消し、針葉樹林が回復してきています。

 二葉山の森林は、シリブカガシ、タブノキ、クスノキ、オガタマノキ、カゴノキ、ナナミノキ、アラカシ、ヒメユズリハ、ヤブツバキ、カクレミノ、カナメモチ、クロキ、シキミ、タラヨウ、サカキ、ネズミモチ、ヒサカキ、ヤブニッケイ、マンリョウ、シャシャンボなどの落葉樹が混じった状態で見られ、照葉樹林もよく保存されています。

 広島駅に近い二葉山に針葉樹林が数多く残されているのは、江戸時代から藩政として伐採や管理を厳しく規制していたためと考えられています。それとともに二葉山山麓のたくさんの神社・仏閣が、その寺社林として大切にしてきたことも理由のひとつでしょう。